7桁の書面ナンバーを覚えるのは、ほんとうに困難!

「文章ナンバー」が導入されたのは
購入をスムーズにするためだと聞いたことがあります。
というか、その時代をリアルに生きた人間は
その荒筋を知っていると思います。

文章ナンバーが導入されたときは「5桁」でしたが
旧街路単位で設定されている事も大方
覚えやすいという利点がありました。

だが、7桁の文章ナンバーへとチェンジ
ますます、市町村調合が進んでくると
自分の地域会社のナンバーを覚えるのが精一杯に繋がる。

因みに、自分がいる地方自治体区の地図が頭に入っているといった
しばらく、ナンバーの推定ができるかもしれませんが
文章ナンバーの進め方との起因は僅かように感じます。

何らかの文書に地域・言い方を記入するタイミング
文章ナンバーは書かなくてもいいことがありますね。
また、文章をおくるときに省略する人間もいますが
答弁を差し出すときは探る必要がある結果、大層面倒です。

因みに、僕は地域・言い方・電話までを入れて
ゴム印をつくっているため
本当にとなると、自分の地域すら出てきません。

周辺・近隣のテレホンや居所の登記もそうですが
モバイルなどの安易仕組みに頼ってしまうと
思わぬ弊害があるかもしれませんね。http://www.idocw.com/